活動報告~晴れプラス

晴れプラスさんより、活動報告が届きました。都心部のマンションでサロン運営をされています。

今回は1月開催の意見交換会についてのご報告です。意見交換会のちらし

都市型マンションにおける高齢者の生き方(孤立防止) 報告書
平成29年1月31日(火)17:00~    参加者7名

170131晴れプラスは札幌の中心部にあって住宅の形態が90%マンションでありその約半数以上が30年以上の築年数で住人の高齢者の比率も多い地区です。孤立化しやすいマンションでの高齢者がこの先いかに充実した人生を最期まで送れるるかが「晴れプラス」の課題です。
今回の当サロンの意見交換会は「老後のライフスタイルを経済面から考える」でした。
意  見
〇 「高齢者」という言葉を一括りで使うのは無理がある。自分の子供時代に見ていた高齢者とは随分様変わりしたように思える。気力、体力、生き方、経済的状況など全てが多様化している。
〇 個性を重んじて欲しい。サロンや福祉施設での集団行動(体操、歌など)は10年早い(80歳の女性)
〇 自分の立ち位置を把握し年金、保険のなどの事を把握すべき。良い意味で強い老人になる。頼らない。
〇 “サ高住”は終の棲家ではない。料金が高すぎる。それに代わるものはあるか?
今回の意見交換会で感じた事は「老人」「高齢者」を一括りにはできない時代にあり、自主性を尊重したライフスタイルが選ばれ必ずしも「交わり」「群れ」「集団」が良いとはいえない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中